輪郭注射は効果なし?口コミで分かる失敗例と注意点

手軽に受けられると評判の輪郭注射はたるみに効果があるといわれいます。そんな中、輪郭注射したことで後悔している方もいることに気づきました。輪郭注射をしたことをなぜ失敗と感じたのでしょうか?

輪郭注射の効果を感じない口コミと原因

フェイスラインの変化が分からない

第3者から見ても特に変わっていないんだと思います

1回では無変化、2回受けましたが無変化です

大きな変化はないように感じます

目に見えるほど変わらないのかなというのが正直な印象です

特に変化は感じていませんが、3回程は受けてみた方がいいようなので、とにかくあと2回は受けてみるつもりです

3回は受けてくださいとのことだったのでもう1回は受けようと思いますが、正直あまり期待してはいないです

一週間おきに3度注射をしましたが、目に見える変化は特にありませんでした

輪郭注射の失敗の中で最も多いのが「効果を感じない」という方です。効果を感じないという方の特徴としては年齢を重ねている人が多い様に感じます。輪郭注射はたるみに効果があるといわれていますが、脂肪へ働きかけてたるみを目立たなくさせます。

しかし年齢を重ねた50代くらいの方からは脂肪と共にたるみがでているのではなくて、皮膚のたるみの場合があります。そうなると輪郭注射の効果を感じづらくなってしまうのです。クリニックによっては皮膚だけのたるみの場合は効果が出にくいと記載されていることもあります。元々、輪郭注射は効果がすぐに出ませんし、頻繁に何回か注入しなければいけません。

なので「まだ数回で効果は出ないかも…」と思っている方が実は皮膚のたるみのために「輪郭注射の効果を得られないたるみだった」ということもあります。このような失敗がないためにも事前に医師とのカウンセリングを納得いくまでする必要があります。

またここで皮膚のたるみには効果を感じにくいという知識を得たのですから、そのことを直接医師へ伝えてみましょう。そうすることで輪郭注射の効果を感じられるたるみなのか?または違う施術の方がいいのか?考え直すことができますよ。

輪郭注射をしたことで左右の顔に差が?!

こんな風になる為にやったわけじゃないのに。二度とやらない。髪の毛で何とかごまかします

あんな簡単な注射でキレイな輪郭になるわけないか…。自業自得と反省。もう二度とやりません

2カ月もたったのに口角かを曲がったまま

口コミを見てもわかる通り、左右差があると私生活にまで影響が出てしまいます。髪の毛で隠せる方はいいですが、男性や髪の短い女性は隠しようがないですよね。輪郭注射は注入する施術なので医師の腕に効果が掛かっていると考えます。

しかし輪郭注射は他の美容の施術と比べると施術数が少ない様に感じました。そのためクリニックで輪郭注射を取り扱いしていても、経験が豊富な医師がいるかどうか?というところが大切になってきます。注入する角度や量から左右の効果がかわってくることもあるため失敗と感じる方がいたのでしょう。

また患者の顔が元々左右対称ではないこともあります。というのは日焼けの仕方などでたるみ方が必ず左右同じように出るわけではないからです。その場合は医師の腕の見せ所で、注入量を左右でかえなければなりません。言葉にすると当たり前のように感じますが、これが医師の実績や経験が大切なところなのです。

経験がないとどのくらいの注入量が必要なのか?どうしたら左右対称にたるみを目立たなくさせることができるのか?というところがはっきりと理解できないのです。このような失敗を起こさないためにも医師選びがとても大切になります。

「輪郭注射をした後、たるみが余計に目立つようになった…」

1日でも早く元に戻ることを祈るしかありません

貧相になりタルミました。法令線が目立ち老けて見えます

コンプレックスが全く解消されませんでした。 2度と行きたくないです

コンプレックス解消のため打ちましたが、たるみが目立たなくなっというよりも…頬がこけました

筋肉がなくなった分えぐれたようになり、たるみが目立ち不自然な顔になりました。

施術後に以前よりもたるんでいるように感じた。余計にたるむなんて…悲しくなりました

輪郭注射の注入する場所を間違えてしまったりすると、引き締め効果が違う所で発揮されてしまい、たるみが余計に目立ってしまうことがあります。

また今まで気になっていないところにたるみが出てしまうこともあるようです。患者はたるみが目立たなくなることを期待して輪郭注射を受けたのにもかかわらず、新たにたるみの悩みが出てくるのはとてもつらいことですよね。

そもそもたるみに効果があるといわれている施術ですが、小顔になりたい人にも使う施術です。なので医師の腕が確かでないとたるみを目立たなくさせるのではなく、目的と違った小顔になることで皮膚が余ってきてしまい、たるみが出てくるのだと考えます。

たるみが気になっている患者はたるみが解消されることで、フェイスラインが綺麗になり小顔に見えるようになるのは嬉しいです。

しかし小顔になったところでたるみが目立ってしまうのでは意味がありません。このような事にならないためには医師の腕やクリニック全体の症例数がどのくらいあるが下調べをしておく必要があります。

クリニックの施術内容として輪郭注射があったとしても、経験がなければ納得いくような効果を得られることはありません。

クリニック全体がしっかりと経験をつんでいたら、クリニックに勤めている医師も自然と経験数が上がってきます。なので医師の実績、経験数だけではなくクリニック全体の症例数も調べておくと失敗する可能性が低くなるはずです。

輪郭注射の失敗まとめ

医者

輪郭注射の失敗は医師やクリニックの経験数が少ないことが原因で起きることが多いと感じました。本来ならダウンタイムも少ないうえに、体への負担を最小限に抑えられる施術です。

しかし効果を感じなかったら輪郭注射をした意味がありませんし、左右差がでてしまったり、新たにたるみが出てしまっては私生活にも支障が出てくることがあるでしょう。こんな失敗をしないために、私たち受ける側が医師と、クリニックの下調べをしっかりと行うことが重要です。

「どうやって調べるの…?」と思う方もいるでしょう。今は口コミやホームページで調べることができますし、施術名を検索するだけでその施術を得意とする医師を探せます。このように受ける側も施術後に「このクリニックで受けなければよかった…」と思うことのない様にしたいですよね。

たるみ・小顔治療なら「品川スキンクリニック」