リファームstはたるみに効果なし?口コミで見る失敗例4つ

美容整形においてリスクや失敗、デメリットや後遺症はつきものですが、少しでもその失敗などを無くしたい少なくしたいと思うことでしょう。それならば、まずはどのような失敗があるのか知ることから初めて見てください。失敗例を知ることで、万が一ご自分の肌で失敗された場合の対象法も見えてくることでしょう。

リファームstの失敗例1.〈左右非対称〉

リファームstの失敗で多く存在するのが、この左右非対称です。

施術後、鏡をみてがっかりした。右だけが突っ張ってみえる。

何故このような失敗が起こるのかについては、様々な原因があり、特定するのは難しいのが現状です。ショットするときに左右で違いがあったのかもしれません。

もしそうだとすると、ドクターの経験不足からくるといえるでしょう。また、施術は成功していると言われたのに、コラーゲンの生産が左右で違ったのかもしれません。この場合はカウンセリングの時にきちんと肌の状態を確認していれば防げたといえるでしょう。

いずれの場合もドクターの知識、経験、腕が失敗の原因の大きな要因といえます。

失敗例2.〈効果がない〉

せっかく数万円かけてリファームstを受けたのに、全く変化がないという実態もあります。施術後すぐに気づくといいのですが、多くの場合施術後数日~一週間程で気づくようです。

では、何故効果がなかったことに気づくのに時間がかかるのでしょうか。それは次のよう口コミから答えが出せるかもしれません。

施術後、少し赤みがあり自宅で冷やしておくよう言われました。ちゃんと冷やして対処したのに、赤みが引いた頃には、顔も元に戻っていました。リファームstをやった意味がなく後悔しています。

ダウンタイムはないと聞いていたのに、腫れました。施術箇所もなんだか熱っぽさがあり3日ほど様子をみていたら、腫れもおさまったのに、たるみもそのままでした。

リファームstは確かに「ダウンタイムなし」「即効性がある」と言われています。しかし、この口コミをみる限りダウンタイムは存在しています。そして、患者は施術後何らかの肌トラブルに見舞われています。この辺りに原因がありそうです。

即効性のはずが効果なし?!何故このように言われるのか?

「赤みが出た」や「腫れがあった」という口コミからもわかるように、効果がないという患者には何らかの肌トラブルがあります。

元々、リファームst事態が高周波と赤外線を用いて、人工的にコラーゲンを損傷させることで、更にコラーゲンの生産をさせようというやり方です。

言わば、人体が本来もっている治癒能力を利用しています。その為、施術後何らかの肌トラブルにみまわれると、そちらの修復に体はエネルギーを使います。その為コラーゲンの生産を活性化出来ず効果が現れないという現象が起こると考えられます。

では、なぜ肌トラブルが起こるのかというと、リファームstの注意事項を守らなかった事が考えられます。リファームstの施術後しばらくは紫外線を避けなくてはいけません。

元々肌のたるみやシワ、シミ等の原因の8割は紫外線と言われています。

施術により一時的に弱った肌には紫外線は毒となり、いつも以上に吸収してしまいます。その為施術後最低でも一週間は、日焼け止めクリームをまめに塗ったり、日傘をさしたり、外出の際はマスクをするなどして、徹底的に紫外線を予防しましょう。

また、リファームstの施術の際の出力が弱すぎた為、本来ならば真皮層まで届くはずのレーザーが到達出来なかった、もしくは到達はしたが効力が弱すぎた事もかんがえられます。

この場合はドクターの腕になりますので、あたりが悪かったとしか言いようがありません。

そして、コラーゲンの生産力は個人差です。リファームstがもと元々合わない施術であったことも考えられます。この場合はカウンセリングの段階である程度見極められますので、ドクターとよく相談してください。

失敗例3.〈赤みや腫れがでる〉

レーザー照射で起こり得る失敗は火傷です。

【施術中も少しヒリヒリ感はあったのですが、施術後も続いています。】【施術箇所が赤くなり触ると少し熱をもっている】等の口コミから肌がただれる様な酷いものではなく、日焼け程度~軽度やけどが起こる事があります。

原因としては、施術中の出力が強すぎた為と考えられます。このような状態になったならば、とにかく冷やしましょう。アイスノンや濡れタオルで冷やしながら経過をみて下さい。そして、施術をお願いしたクリックにも連絡しましょう。

失敗例4.〈シワ、シミが増える、目立つようになる〉

シミやシワを改善するために受けたリファームstで、逆に増えたり目立つようになったという事例があります。

施術後、それなりに肌は引き締められた気はします。しかし、シミが増えた様にも思います。カウンセリング時にはこんな副作用聞いてなかったのに。

効果があったのかな?小じわが目立つんですが。まだ1回目だから?

せっかく施術したのに、老けた印象が改善されていません。こうなる要因としては、アフターケアをしっかりしなかった事があります。施術後のお肌は紫外線を吸収しやすく、乾燥がちになります。その為、普段着以上に気をつけましょう。

リファームstの失敗例まとめ

美容整形のクリニックでは必ずカウンセリングがあります。その時に肌の状態や施術方法などの説明がありますが、デメリットをきちんと説明するクリックは少ないのが現状です。

多くのクリックではリファームstはダウンタイムはないと説明されます。

しかし、これだけ多くの口コミがある以上ダウンタイムはあると考えられます。こうした失敗を防ぐのに最も効果的なのは、レーザー治療に慣れていて、リファームstとその他のリフトアップ施術との違いを熟知したドクターを選ぶ事です。

名医の施術を受けることが出来たならば、理想の若返りがかなう事でしょう。

たるみ・小顔治療なら「品川スキンクリニック」