ウルトラアクセントのダウンタイムとアフターケアについて

部分痩せに効果的とされている、ウルトラアクセント。日本では、比較的新しい痩身治療に用いられる医療機器です。全体的な身体部はもちろん、お顔にも施すことができ、たるみやシワなどにも効果的といわれています。

この魔法のようなマシン、ウルトラアクセント。せっかくの施術を受けても、効果を得れなければ、お金も時間ももったいないですよね。そして、ウルトラアクセントの技術をより持続するためにはどうすればいいのか。タイムダウン時&アフターケアに考慮するべき点を詳しく解説していきます。

まずは知ろう!ウルトラアクセントでどんな効果が得られるの?

まずは、ウルトラアクセントというマシンがどのようなものなのか、紹介していきます。

ウルトラアクセントは仕組みとして、大きく二つの機能に分けることができます。その一つが「超音波」です。

超音波と聞いて浮かぶ美容器具といえば「美顔器」を思い浮かべる方多いと思います。美顔器と同じで、ウルトラアクセントにも超音波が搭載されています。

さてどうして超音波で、痩身治療を行うことができるのでしょうか?

超音波とは、私たち人の耳で、聞くことのできない高い周波数「1万8千ヘルツ以上」の音のことです。

この周波数の数値は「一秒という短い時の間に、何度振動するか」を示しています。したがって、「超音波を与える」=「一秒間に1万8千回もの細やかな振動を与えることができる」ということになるのです。

そしてウルトラアクセントならではの超音波の強みは「横波の超音波」が搭載されているという点です。

横波の超音波は、表面のお肌やその他の細胞を傷つけることなく、脂肪細胞のみに働きかけてくれます。この超音波によって脂肪細胞の膜を破壊し、細胞の中の脂肪を溶け出させてくれるのです。

そして二つ目の機能「ラジオ波」です。

高周波ともよばれている、ラジオ波はRadio Frequensyを日本語に訳したものです。

ラジオ波を照射することで、ジュール熱という熱が発生します。この熱が、体の奥の体温の上昇を、させてくれるのです。血液や、リンパ液の流れを促して、代謝を上げ超音波で溶け出した脂肪を体の外へ排出してくれるという仕組みなのです。

そして、代謝を促す効果があるため、たるみやむくみ、そしてシミや、くすみといったエイジングケアの効果も期待できます。このように、ウルトラアクセントに搭載されたこの二つの機能によって部分痩せや、美肌効果を得ることができるというわけなのです。

ウルトラアクセントの特徴

ウルトラアクセントの最大のメリットは、メスなどを使わず、身体への負担もなく脂肪細胞数を減らすことができるという点です。

細胞を減らすことができるので、すぐにリバウンドしてしまうリスクも軽減されます。

そして流れた脂肪を排出するため、施術後に特別なマッサージを行うなどの手間暇を、省くこともできます。エイジングケア効果も期待でき、女性にとって大敵ともいえる肌の様々な悩みの解決へとも導いてくれます。

デメリットに関しては、一回の施術での脂肪除去の量に限りがあるという点です。

ウルトラアクセント機器のヘッド部分は10cm×10cmと小さいものです。顔や身体のあらゆる幅広い範囲で使用することができます。

ですが、広範囲の場合もあるため、その分施術の時間も長くなることもあるのです。

そしてもう一点。

ウルトラアクセントの効果は、どの施術のデメリットにも伴ってしまうように、個人差があります。一回の施術で効果を得ることができる方もいます。

しかし施術の範囲や、個人個人の身体特徴によって治療回数は様々です。平均的な目安として、顔の場合は1回~3回、体の場合は5回~6回ほどで効果を実感できる方が多いようです。

ウルトラアクセントによるダウンタイム、アフターケアの自身への考慮

ダウンタイムとは施術し、回復するまでの時間の事をいいます。ウルトラアクセントによるダウンタイムは基本的には皆無です。

特に気をつけて、安静にしなければならないという事もありません。メスを入れる施術ではないので、回復時間を気にする事はありません。

逆に効果をよりよく持続させるためには適度な運動をする方が持続力が増すといえます。

ダウンタイムの心配よりも、考慮しなければならないことは、施術を受けた自身のアフターケアー&意識なのです。

ウルトラアクセント施術後は、一般的なダイエットに通じる「少しの努力と生活習慣の見直し」で持続されます。その方法は至って簡単で、適度な運動と、食事の見直しをプラスする事なのです。

例をあげますと、運動については交通手段の見直し。

OLの方は出勤時で一番忙しい時間で大変な時かと思います。しかし、そこはぐっと堪え、通勤使用の駅を一駅歩いてみること、自転車を使うこともOKです。

主婦の方は家事と育児で忙しい上に、お仕事をされてる方もいますよね。

少しでも忙しい時間をなんとか短縮したい時間のお買い物などに対し、歩くということを考慮してみること。(OL様と同じく自転車でも可)。

小さな生活習慣の中で、自分の中だけの作るのが大変かもという時を、なんとか作って有酸素運動を取り入れる時を加え、実行してみてください。

些細な運動でいいのです。この小さな積み重ねで、ウルトラアクセントの効果を持続的に発揮することができます。

食事に関しては、代謝を上げるものを、普段の食事に取り入れるといいでしょう。

代謝を上げる成分の代表的なものに「カプサイシン」「ショウガオール」「硫化アリル」「ビタミンE」があります。カプサイシンを含む代表的な食材にはとうがらし。

ショウガオールにはこれからの季節にもってこいのおそうめんの相棒、生姜があります。汁物に加えるにはもってこいの食材です。

ですが苦手な方もいらっしゃるはずですよね。そこでこの栄養素を豊富に含んだサプリメントを取り入れることで、ウルトラアクセントの効果をより持続できます。

小さな生活習慣の見直しの一環、体の中に入る脂肪細胞の育成を促す食べ物はできるだけ控えましょう。

基本、腹八分の炭水化物で、意識してみましょう。

食べ物は体内に入ります。脂肪の元となるものは大敵になり、せっかく施し結果を得たウルトラアクセントが無意味になってしまいます。

ウルトラアクセントの施術は決して安いものではありません。

ですが、施術後は効果を得ることができ、満足する方が大半です。その効果を持続するためにアフターケアーが重要となってくる施術なのです。

ウルトラアクセントまとめ

医者

ウルトラアクセントを持続するためには、代謝がアップされた身体を保たせるための地道な努力が必要です。

普通なら長時間かかるものが短期間で効果が得られる施術は、小さな努力でより長く持続することが可能ということになります。
ですがずっと我慢する必要はないのです。

適度に見直すことが重要なのです。

そして、冒頭でも記載しましたがウルトラアクセントは、まだまだ日本では新しく取り入れられたばかりの最先端医療機器です。

迷っている方へのアドバイスは、症例数の多いクリニックなどを探し、信頼できる医師を見つける事をおすすめ致します。

施術前は一番肝心でもあるのです。トラブル回避のためにも、ウルトラアクセントがどのようなものなのかを把握すること。

そして自身の理想になるために、わからない事は遠慮せずカウンセリングがきちんとできるようにしておきましょう。

ウルトラアクセントを施してない身体に、小さな努力をしても結果を得ることはありません。ウルトラアクセントは小さな努力が実る近道の施術なのです。

たるみ・小顔治療なら「品川スキンクリニック」